①働いているグレーゾーン発達障害の方(ADHD・アスペルガー・学習障害、等)

 

※全人口に対して1%〜5%の発達障害者がいると考えられています。  

※第2のスティーブ・ジョブズ(ASP)、アインシュタイン(ASP)、 リチャード・ブロンソン(ADHD/LD)、坂本龍馬(ADHD)を輩出したいと捉え カウンセリングに取り組み、クライアントを支えます。  

  • 一問一答  (こんな時どうすればいいの、etc…)

    【 セルフチェック・自己診断 】

  • 親御さんの相談(息子・娘さんの将来の相談)
  • コミュニケーションがとれない、できずに困っている方。
  • 仕事上の相談(仕事の進め方、人間関係等)

  • 学生の就職支援・相談(仕事の探し方、履歴書の書き方、面接練習)

  • 部屋のお掃除サービス(相談を受けた方のみ)

①後悔しない人生を ②興味のあることを ③何事もほどほどに…  (o^-^o)  

ギフテッドホルダー(発達障害)は、

ほぼ100%と言っていいほど、普通(定型)の方の100倍以上は苦労が多く、ハイリスク/ハイリターンの人生と言っても過言ではないでしょう。

※それゆえ、悩みが多いのは当たり前なのです。

そういったギフテッド・タレンテッドホルダーの方を支援し、
道を踏み外さぬよう導くのが、当コンパス 心理士カウンセリング相談事務所の
ミッションスティトメント(企業理念)だと考え、
将来はノーベル賞 受賞者、
東証1部を超え、ニューヨーク証券取引所に上場することができる様な
明日のリーダー、ギフテッドホルダーを影で支えていきたいと考えています

当カウンセリング相談事務所では、分かっているのに、できない、止められない等、悩みの迷路に入り込んで苦しいんでいる方をお待ちしております。

このページの上へ戻る


日々、凡ミス・ケアレスミス(不注意)が多い。

上司には同じことを注意・指摘される。 適職に就ければ天国、就けなければ辛い日々が続くでしょう。 そんな方々を支援していきます。

会社での過ごし方・立ち位置、振る舞い…。

「ADHD」とは、発達障害の一つで「注意欠陥多動性障害」と言われます。 多動性、衝動性、不注意の三つの症状が目立ちます。

大人の場合は、多動は目立たなくなりますが、「先送りしてしまう」「凡ミスが多い」 「忘れっぽい」「同じ間違いをする」「思いついたことを口走ってしまう」などで社会性の問題が起こってしまうことが多いようです。 私自身20代はADHD同様の傾向が目立って、苦労して来ました。

20代後期には人生のメンターに出逢え、恵まれ、人に助けられ、対処方法が身につき… 困ることも少なくなりました。 決して直るものではありません。

脳の機能の問題

なので、何かで補うか、対処法を身につけるしかないのです。 まずは自己理解。
得意不得意を見極め、自分を活かせることで活躍すること。 そして、上手くいかなさと上手に付き合うこと、ストレスを少しでも減らし、日々の暮らしを楽しく過ごすことではないかと私は思います。

何かおかしいなぁ…と感じている方 (セルフチェック・自己診断)

一度カウンセリングにおいで下さい。
身近な親友・先輩として対応させていただきます。 いつでも気軽に相談できる仲間で在りたいと考えています。 お待ちしています。 心を軽くしていきます。 

 

このページの上へ戻る

 

サイトマップ(スマホでナビバーが見えにくい方)


営業時間 9:30〜23:00

(完全予約制で時間は相談に応じます)

 ※電話最終受付20:00まで

 

土日祝問わず営業致しておりますので
ご連絡・メールお待ちしております。
 

お気軽にお問い合わせください。050-3690-2725受付時間 9:30.-23:00 [ 土・日・祝日OK 最終受付20時まで ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。