シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ガキの使いでの「笑ってはいけない アメリカンポリス」(エディ・マーフィー)浜田雅功

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ガキの使いでの「笑ってはいけない アメリカンポリス」(エディ・マーフィー)浜田雅功

昔~

12インチのレコード持っていて昨日のガキ使で流れてて懐かしく思いシェア。

80sの良き古き時代のノリが好きヽ(^。^)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビバリーヒルズ・コップ』(Beverly Hills Cop)は、

1984年アメリカ合衆国アクション映画

主演を務めたエディ・マーフィにとって若手刑事アクセル・フォーリーはハマリ役となり、本作の大ヒットにより一流俳優の仲間入りを果たし、その後シリーズ化された。また、ハロルド・フォルターメイヤーサウンドトラックグレン・フライが歌う挿入歌『ヒート・イズ・オン』もヒットした。その後、1987年に『ビバリーヒルズ・コップ2』、1994年には『ビバリーヒルズ・コップ3』が製作された。

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ガキの使いでの「笑ってはいけない アメリカンポリス」(エディ・マーフィー)浜田雅功

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。