②マイノリティ・多様性(ダイバーシティ)LGBTなど

うつ、ストレス障害、依存症、人間関係の問題など。

様々な社会の問題の背景に

「性的マイノリティであること」という要素があります。

しかし、多くの場合、それは隠されてしまいます。医師やカウンセラーにも、性的マイノリティであることは言えない、という人が多いのです。
特に「性的マイノリティであること」を家族や親しい人に明かして、拒絶等の否定的な反応を経験した時、当事者にとって大きな心の傷になり、それが他の問題に出会った時の精神的な「もろさ」に結びついている場合があります。

当事者の周囲の人たちも、性的マイノリティに関する知識がないことが多く、周囲の人たちへの支援も必要です。

~特定非営利活動法人 虹色ダイバーシティより 引用~ http://www.nijiirodiversity.jp/knowledge/52

 


 



 

このページの上へ戻る


営業時間 9:30〜23:00(完全予約制で時間は相談に応じます)

 ※電話最終受付20:00まで

土日祝問わず営業致しておりますのでご連絡・メールお待ちしております。

お気軽にお問い合わせください。050-3690-2725受付時間 9:30.-23:00 [ 土・日・祝日OK 最終受付20時まで ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。